スポンサーリンク

日光の紅葉のみどころは?おすすめスポット、金谷ホテルランチ、ライブカメラ情報など

栃木県日光市は北関東を代表する観光スポットです。

特に紅葉の時期には多くの観光客が押し寄せるので、この時期に出掛ける方はきちんと下調べをすることをおすすめします。

紅葉は一年のうちでも数週間、長くても一カ月程度見ごろが維持されます。
桜の見ごろは1週間程度だと考えると、油断してしまいまいがちですが、しっかり計画を立てて臨みましょう。

日光の紅葉の見ごろを調べたいときには、以下のサイトがお薦めです。

tabi.tobu.co.jp/campaign/autumn-colors/

こちらでは日光の紅葉スポットの紹介と共にその周辺の見ごろについても確認することができます。

現在の色づき具合についても教えてくれるので、旅行の計画を立てるときには強い味方になってくれることでしょう。

具体的な今の紅葉を確認したい時は、観光協会が提供しているライブカメラががあります。
nikko.4-seasons.jp/live/camera.shtml

ライブカメラは中禅寺湖、湯元温泉、湯滝、神橋など日光の8か所の今が分かりますが、「今」なので、夜に見ると単に真っ暗です。
夜に色づきを確認することはできないのでご注意くださいね。

紅葉を目当てに日光を訪ねる際には、ベストな見ごろの時期を見極めてからお出かけするようにしてください。

スポンサーリンク

日光の紅葉の名所について

日光には紅葉の時期に見ていただきたいスポットがいくつも存在します。

ドライブをする方におすすめなのがいろは坂です。

いろは坂はその名の通り坂道となっており、山々に囲まれた道路を走ることになります。

いろは坂には登りと下りの2つのコースが異なります。

登りの際には明智平などの休憩スポットで車を止めて紅葉した山々をゆっくりと眺めるのも良いでしょう。

下りのいろは坂は急カーブが多く、車が自然とゆっくり進むことになるので、ドライブしながら変わりゆく紅葉の絶景を楽しむのがおすすめです。

いろは坂の紅葉の見ごろは10月の中旬から下旬となっています。

奥日光の戦場ヶ原も紅葉スポットとして人気を集めています。

こちらは色づきが早く、10月の中頃には草紅葉が平原を美しく彩ります。

地元の人たちがハイキングコースとしてよく訪れるスポットなので、運動不足の方はこちらでカロリーを消費しながら紅葉を楽しんでみてください。

日光金谷ホテルのランチメニュー、他のおすすめランチスポットは?

日光は観光都市として県内外から観光客が訪れます。

そのため飲食店やホテルといった観光業を支えるお店もまた栄えているのです。

紅葉の時期を中心に多くのお客が訪れるホテルといえば日光金谷ホテルです。
こちらはランチメニューが特に評判で、宿泊せずランチのみを召し上がることも可能となっています。

おすすめは季節のスペシャルランチ(¥3,600税・サービス料込)で、その時期の旬の食材を活かしたメニューが揃っています。

紅葉の季節ですと霧降高原牛を使ったポワレや日光虹鱒を使ったソテーなどが食べられるのです。

伝統の味である大正コロッケットは、トマトソースでいただく極上のコロッケです。

日光金谷ホテル以外のランチスポットとしては、日光東照宮周辺をおすすめします。

東照宮の西参道にある翠園という中華料理屋は、地元の人々に昔から愛されている名店であり、観光客にもその評判が広まりつつあり、最近では外国人客も多いようです。
ランチメニューは1080円程度の麺や丼から、コースまで揃っています。

中禅寺湖の紅葉スポット|展望台と遊覧船について

日光には紅葉の見ごろを楽しむためのエリアがいくつも存在しますが、その中でも最近注目を集めているのが中禅寺湖です。

中禅寺湖は日光国立公園から車で50分ほど南にいったところにある巨大な湖です。

その中禅寺湖の周囲を走る「中禅寺湖スカイライン」に乗っていただくと、突き当りに半月山駐車場展望台というスポットがあります。

紅葉の時期にこちらの展望台から中禅寺湖を眺めると、山々の紅葉に包まれた絶景を披露します。

他の季節では見られない光景なので非常におすすめです。

また、中禅寺湖には遊覧船が走っており、特に紅葉の時期に多くの人々が訪れるのです。

赤や黄色のコントラストに彩られた中禅寺湖の水面を遊覧したい方は是非ともいらしてみて下さい(chuzenjiko-cruise.com/)。

華厳の滝|アクセス、エレベーター料金、車椅子での見学は?

栃木県日光市を代表する紅葉スポットといえば華厳の滝を挙げる人も多いことでしょう。

紅葉とは自然が織りなす色彩であり、普段は緑色の木々が赤や黄色に色づくことに意味があります。

華厳の滝ではそこに97メートルという滝という雄大なオブジェクトが備わることで、通常の紅葉では感じられない圧倒的な迫力がプラスされるのです。

華厳の滝の紅葉の見ごろは10月の中頃から下旬です。

バスでいらっしゃる方は、日光駅から中禅寺湖行きのバスで約40分です。

車を利用してこられる場合は、日光宇都宮道路の清滝インターチェンジで降りて、中禅寺湖方面に車を走らせてください。
華厳の滝は第一と第二駐車場があり、普通車は一回310円です。
時間制ではないので、こちらで自動車を停めて、中禅寺湖にも出られてお得です。

華厳の滝はエレベーターを使うことで、より迫力ある景色をお楽しみいただけます。料金は大人が550円、小学生以下が330円となっています。

ただし、エレベーターで行くと、途中から階段があるため、車いすの方は地上のみのアクセスとなってしまいます。敷地内のお店や駐車場やトイレはバリアフリーになっていますが、地上の滝を見る観瀑台へは少々きつい坂があるのでお気をつけて楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする