スポンサーリンク

無料乗換案内Yahoo、ジョルダン、駅探、えきねっとのおすすめポイントは?

旅行や出張はもちろん、初めての場所に行く前には下調べをしますよね。

目的地までの所要時間や交通費も事前に把握できて便利なのが、乗換案内のサイトです。

所要時間や出発到着の時刻、交通費の比較等も簡単にできるようになっています。

検索機能も進化していて、駅から駅までの時間や乗換だけではなく、自宅から目的地までのルート、徒歩、車、バス、飛行機等の指定検索も可能なものも出てきています。

ここでは代表的な乗換案内の使い方とおすすめポイントをご案内します。

スポンサーリンク

Yahoo!乗換案内の使い方とおすすめポイント

Yahoo乗換案内は、すべて無料で利用でき、またシンプルにできているので、誰にでも簡単に使いやすく、人気があります。

出発地と到着地を入力して、検索ボタンをクリックすると、現在時刻で出発できるルートをすぐに複数表示してくれます。

出発地と到着地は「駅」である必要はなくて、「現在地」だったり、施設名だったり、もちろん、住所でもOKです。

また、『到着時刻順』、『乗換回数順』、『料金安い順』と並び替えも一発でできます。

『一本前』や『一本後』も1クリックで検索できるので、利用者のニーズに合わせて使いやすいものになっています。

最適なルートを選び印刷することも簡単にできますし、過去に検索したルートは履歴で簡単に引っ張り出して現在時刻で再度簡単に検索することができます。

その際、印刷画面にメモを入力し、経路や地図と一緒に印刷することができますので、お客様や取引先等に案内するときにも重宝します。

時刻表も路線バスからリムジンバス、国内線まで対応しています。運行状況も事故などの場合、登録している路線についてはお知らせしてくれます。

とは言え、ここまでの機能はどこのサービスも無料で提供してくれています。

お勤めの方は『通勤タイマー』が便利です。
自宅の最寄駅とお勤め先の最寄駅の時刻表を指定しておくと、後何分で電車が出るかが出てきます。

それによって少し急ぐか、ゆっくり行くか、瞬時に分かるのでとても便利です。

駅探の使い方とおすすめポイント

駅探の乗換案内も無料で、簡単に経路や料金、所要時間等を検索することができます。

出発駅と到着駅を入力するだけで、複数の経路が表示されます。

特にバスの時刻表は、路線バス、高速バス、空港バス、深夜急行バスとすべてのバス時刻表が検索でき、時刻表を持ち歩かなくて済みます。

駅探は、全体的に画面の文字が大きめでシンプルですので、誰にでも見やすいサイトなっているのが特徴です。

ただ、駅探の場合は駅から駅への案内になりますので注意が必要です。Yahoo乗換案内やジョルダンの場合は住所で検索してくれるので、ここは大きな違いと言えるでしょう。

ジョルダン乗換案内の使い方とおすすめポイント

ジョルダンは一般的な乗換サービスと同じ機能に加えて、電車の乗り過ごし防止の【乗降アラーム】、乗り遅れ防止の【乗車タイマー】機能が付いています。

地図の連携も強化されています。現在地から行きたい地点までのルート検索ができます。

また、「ここから自宅」ボタンにより、どの地点からでも一発で帰宅ルートが検索できます。終電間際や土地勘がない時にあれこれ入力する手間がなくて便利ですね。

また、乗換検索結果をGoogleカレンダーなどのカレンダーアプリにも登録できる機能はとても便利です。

また、『青春28きっぷ』検索が可能なことも特徴的です。青春28きっぷとは、JR普通列車が乗り放題になる券が5回分入ったお得な切符です。

青春28きっぷは、春・夏・冬の特定の期間でのみ購入が可能です。

主要な駅の構内図が事前にチェックできますので、お手洗いやエレベーター、改札口の場所を調べることもできます。年配者や小さいお子様と出かける際は、事前にチェックしておけるので安心して出かけられるのではないでしょうか。

さらに、乗換案内PREMIUM(月額300円)で、海外の地下鉄の検索もできます。こちらは月額300円ですが、15日間無料お試し期間がありますので海外に行く際だけでも試してみてはいかがでしょうか。

えきねっと時刻 乗換案内の使い方とおすすめポイント

えきねっと時刻乗換案内は、JR東日本が提供しています。

全国の列車と航空機の発着時刻、乗換案内、運賃・料金を調べることができます。

えきねっとですので、出発と到着は「駅」である必要があります。

えきねっとの最大の特徴は、JRの列車であれば、検索結果に表示される申込ボタンから「JR券申込サービス」できっぷの予約申込ができることです。

また、JR東日本の駅であれば、駅の時刻表、駅構内図、バリアフリー設備、びゅうプラザ、指定席券売機、みどりの窓口のある駅など、詳しい駅情報の検索もできるので、JR東日本の駅を利用する際は便利ですね。

いかがでしたか。

すべて無料のサービスですので、用途に合わせて、直観的に使いやすい画面のサービスを選んで使い分けできるのが良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする