スポンサーリンク

エクスプレス予約で東海道、山陽新幹線に便利にお得に利用しよう!ホームページ、お問い合わせ先など

スポンサーリンク

エクスプレス予約とは ホームページは?

エクスプレス予約は、会員制サービスで、東海道、山陽新幹線のチケットの予約がスムーズかつお得に利用できるネット予約サービスです。

年会費は1,080円掛かりますが、スマートフォンやパソコンを使用できる環境ならば、何処からでも予約でき、予約の変更や座席の変更など、何度行っても手数料は0円。
予約から乗車までお急ぎの場合もEX予約専用ICカードを改札でタッチすればチケットレスでそのまま乗車出来ますので、新幹線を良く利用なさる方に人気のサービスです。

また、駅ビルや駅構内の店舗の中で、対象の店舗では5%割引などの優待特典を受けることができたり、ホテルに優待料金で宿泊出来たり、旅行商品の割引などのサービスも見逃せません。

詳しくはエクスプレス予約のホームページ(expy.jp/)でご確認ください。

エクスプレス予約に関するお問い合わせ先電話番号は、「EX予約専用ICカード」または「エクスプレスカード」の裏面に記載されています。

エクスプレス予約カスタマーセンター は、5:30~23:30 年中無休です。

その他、カードに関する問い合わせについてはホームページ(expy.jp/information/central/)をご確認ください。

エクスプレス予約の入会方法

入会方法は二通りあります。

一つ目はJR東海エクスプレス・カード、もしくはJ-WESTカードに入会してエクスプレスカード会員となる。

二つ目はお手持ちのクレジットカードにサービスを付加して利用するプラスEX会員になる。ビューカードでも利用できます。

一つ目の「JR東海エクスプレス・カード」またあ「J-WESTカード」に入会するには年会費1,080円(税込)掛かります。

また、二つ目のお手持ちのクレジットカードにサービスを付加する場合にはクレジットカード会社への申込が必要で、こちらもサービス年会費1,080円(税込)が必要です。

手続きを行っていただくとEX予約専用ICカードが届きます。ご利用者の情報を入力し会員登録を行ってください。登録完了で利用開始となり、その日からエクスプレス予約が可能になります。

新幹線の予約を行う場合は予約画面から会員情を入力してログイン。乗車日、乗降車駅、出発到着時刻、利用人数など簡単な必要事項を入力して完了です。

エクスプレス会員には21日前に予約すると「EX早特21」特別価格がチケットを購入することができます。東京⇒新大阪間で最大4,450円も割引になります。

これは見逃せませんね。

会員登録や詳細はエクスプレス予約のホームページ「はじめての方へ」(expy.jp/beginner/)のページで確認できます。

東海道新幹線の予約をするには、会員ログインページ(expy.jp/login/)から会員IDとパスワードを入力してログインします。

乗車日、乗る駅、降りる駅、出発時刻、到着時刻、人数など必要事項を入力して完了です。

スマート EX(エクスプレス)

スマートEXは、「JR 東海」と「JR 西日本」が提供している年会費無料の東海道・山陽新幹線のネット予約サービスです。

簡単な会員登録を行うと、会員登録した本人が一人で乗る場合は登録した交通系ICカードでそのまま乗車することが出来ます。チケットを取るのに長い列に並ぶ手間が省けます。

利用可能なICカードは以下の10種類です。

Kitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCA

また、自分以外の二名以上で乗車する場合は切符を受け取って乗車することができます。スマートエクスプレスの切符の受け取りは東海道、山陽線の各駅指定席券売機か、受け取り専用機、JR東海JR西日本の窓口でも受け取りが可能です。

媒体別、予約の手順や詳細はこちらから確認できます。

smart-ex.jp/top.php

旅先で使える会員特典一覧

  • 東京「Tokyo subway ticket」
  • 東京「EX☆スカイツリーチケット」
  • 横浜「EXみなとぶらりチケット」
  • 静岡「EX☆静岡楽旅キャンペーン」
  • 愛知「愛知DCフリーキップ」

スマートエクスプレス問い合わせセンター

0500-00-8574

営業時間は5:30~23:30で年中無休。(有料)

領収書の発行方法

お仕事で出張の場合は領収書は必須になります。

エクスプレス予約で東海道・山陽新幹線を利用した場合の領収書として、発見方法によって次の証票の発行が可能です。いずれも領収書として利用することが可能ですが、ご自身で確認して発行しましょう。

1.EXご利用票(EX予約専用ICカードで乗車した場合)
新幹線乗車時に改札機から印字されて発行されます。
取り忘れないようにしましょう!

2.ご利用票兼領収書(JRの窓口できっぷを受取る場合)
「ご利用票兼領収書」が発行されます。

3.領収書表示サービス(パソコン、スマホ、EXアプリ)
パソコンやスマホからからホームページ、もしくはアプリを立ち上げ、エクスプレス予約にログインし、メニュー画面から「ご利用履歴・領収書の発行」で領収書を画面に表示し、印刷することが可能です。

詳細はこちらから(expy.jp/faq/category/detail/?id=88)確認できます。

成田エクスプレスの予約

最後にエクスプレスつながりで、「成田エクスプレス」の予約についてご案内します。
エクスプレス予約はできないのでご注意ください。

成田エクスプレスはJR東日本が運営している、東京駅から成田空港までの特急電車です。
大きなトランクを置くスペースがあり、座席もゆったりしていて快適に成田空港まで行くことができます。東京駅から成田空港までは3,020円です。

ホームは総武線・横須賀線と同じ地下2階なのでお気をつけて。

予約は1か月プラス1週間前から「えきねっと」からネット予約が可能です。
乗車券の受取は、みどりの窓口か、指定券券売機になります。
えきねっとチケットレスサービスを使うと、スマートフォンでチケットを受け取ることができ、200円割引になります。

みどりの窓口、びゅうプラザ、指定券券売機では1か月前に購入が可能です。

その他成田空港へのアクセス

東京駅から成田空港へのアクセス方法は多種多様で、値段で選んだり快適さで選んだり、利用者のこだわりや事情で様々です。

JRでは成田エクスプレスの他に快速エクスポート成田があります。

今一番人気バスがおすすめです。東京シャトルバスなら900円、THEアクセス成田なら1000円程で東京駅から成田空港に直結です。

ちゃんとしたリムジンバスですし、東京駅からは道路も込まないのでおすすめです。

リムジンバスは主要都市だけではなく全国各地から出ています。田舎で交通手段があまりない場合は近くからリムジンバスが出ているか調べてみると良いでしょう。荷物を積んで空港までそのまま行けるので、沢山の荷物を持って乗り換えをしなくて済みます。

次に電車で行く手段をいくつかご紹介します。

上野や日暮里にアクセスがいい場合は京成ライナーをおすすめします。空港までのアクセスが早く、値段も安くコスパは最強です。

JRの駅からの乗換を考える場合は、JR上野と京成上野駅は離れているため、日暮里駅乗換がお薦めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする